ページ上部へ

Happy農業Life

オルガミンDAを使った桃 (日川白鳳)

オルガミンDA使用者の紹介で、2016年の春先から日川白鳳に使い始めた園地です。

農家のコメント:まず始めに気付いたのが葉の違い、色が良く、舟型になり、上に立っている。

紹介してもらった知人に「大分付けてもちゃんと玉が張る」と散々言われていたため、今年は特に余計に付けたが、ちゃんと玉が張り、ほとんど16玉中心で収穫できた。

2017年も梅雨の時期に雨が少なく特に早生系は全体的に小玉傾向だったが、周りが言うような小玉は少なかった。N・P・Kがほとんど含まれていないアミノ酸葉面散布肥料なので、どの生育ステージに使えるのも良い。 山梨県勝沼町IMG_8977