ページ上部へ

Happy農業Life

オルガミンDAを上手に使いこなし玉張り、食味良好

9月初めに山梨県のぶどう生産者のお宅へ行ってきました。

昨年収穫後よりオルガミンDAを使い出した生産者です。

2月頃に空枝にオルガミンDA1000倍液を散布し違いが見えたのは春先から、芽揃いが良くなったのが観察出来たそうです。

丁度出荷時期に行くと写真のようなシャインマスカットばかりでした。

例年と比べて玉張りが格段に良くなり、糖度も基準の18度あり一気に出荷出来ると喜んでおられました。

オルガミンDAは数あるアミノ酸葉面散布肥料の中でも熱処理や化学処理をしておらず、丸々の魚を天然発酵させた発酵抽出液が主体です。その違いからかぶどうだけでなく桃やりんご、その他野菜等の生産者の皆様に今まで使ってきた葉面散布材と効果の出かたが違う!と実感されております。

山梨では桃にも沢山の生産者にご利用して頂き、夏の高温による過熟果軽減、落果軽減、さらに玉張り向上、果梗部が強くなる事により、樹にながくならせておくことによる糖度向上等の効果を実感されております。

 

 

二枚目の写真は山梨県オリジナルの「ジュエルマスカット」

山梨47号(ジュライマスカット×リザマート)とシャインマスカットをかけた品種です。

食べた感想はシャインマスカットより皮がさらに薄く歯切れの良い糖度もしっかりとある美味しい品種です。玉張りも良い品種でこれからの活躍に期待です。

 

IMG_3457IMG_3503

露地栽培シャインマスカット

山梨県内でも早場では露地シャインマスカット(ホースなし)の出荷が始まっております。おかげさまでオルガミンDAご利用者も増え、高品質の品物が収穫出来ております。

ここの農家様では毎回の防除の度に1000倍希釈で混用して頂き、玉張り、食味向上や樹勢維持目的で使用して頂いております。

IMG_3318

7月のような曇天時等はアミノ酸葉面散布肥料で光合成を少しでも助けてあげる事も必要なのでそういった時は欠かさず散布することをオススメ致します。

 

オルガミンDAを使った桃 (日川白鳳)

オルガミンDA使用者の紹介で、2016年の春先から日川白鳳に使い始めた園地です。

農家のコメント:まず始めに気付いたのが葉の違い、色が良く、舟型になり、上に立っている。

紹介してもらった知人に「大分付けてもちゃんと玉が張る」と散々言われていたため、今年は特に余計に付けたが、ちゃんと玉が張り、ほとんど16玉中心で収穫できた。

2017年も梅雨の時期に雨が少なく特に早生系は全体的に小玉傾向だったが、周りが言うような小玉は少なかった。N・P・Kがほとんど含まれていないアミノ酸葉面散布肥料なので、どの生育ステージに使えるのも良い。 山梨県勝沼町IMG_8977

オルガミンDAご愛用者の皆様へ

オルガミンDAご愛用者の皆様へ。
お世話になっております。
ここしばらくオルガミンDAの在庫 払底でご迷惑をおかけ致しましたこと、お詫び致します。
やっとオルガミンDAの商品発送が可能になりましたので既にご注文頂いている分に関しては、早々に発送させて頂きます。
また、新たな注文に関しても即時対応できる態勢になりました事も併せてお知らせ致します。
新規のご注文もお待ちしております。
今後このような事が起きないように細心の注意を致します。
これからもよろしくお願い致します。
㈱パルサー・インターナショナル

ナスに使ったオルガミンDA 

IMG_087511721969_815978618517108_1436884229_n14971272_1140734029374897_1472150774_n

様々なナス農家様にもご利用頂いております。

 

毎回の薬散の度に混用散布して頂いており、収量増加(果実の肥大・花が落ちにくい等)や、ボケ果の減少、好樹勢の効果がございます。

 

収穫期にボケ果等で出荷出来ないナスが毎日5コンテナほどあったようですが、オルガミンDAを使い出して2コンテナに減った。

条件の同じ畑を半分に分け、処理区と無処理区で比較してやったら収量に1割以上差が出て、ナスの樹の高さも処理区の方が10cmほど高く、更に処理区の方は台木から芽も沢山吹いてきて樹の勢いの違いが全然違う(必要が無く、切ってしまうが、、、)と驚いておられました。

オルガミンDAはチッソ成分もほぼ0ですが、使うと根の張り方がとても良くなるので、今まで吸えきれなかった土の中の様々な成分を吸ったということだと思います。